2012年12月12日

小出恵介さんについて

この年末年始TVでいろんな映画を見ていて、ふと気になる俳優が見つかりました. それは『初恋』や『恋空』に出演されていた小出恵介さんです. この俳優さん、最近やたらいろんな映画に出演されていますが、どの役も基本的にはいい人の役なんですけど、その印象がどれも違うように感じられるのがとても不思議なんです. 例えば 『キサラギ』 ではすぐに強い方に乗っかる男、 『僕の彼女はサイボーグ』 ではドジなモテない男、『恋空』では関西弁を話す優しい人、 『きみにしか聞こえない』 では笑顔が優しい好青年、そして『初恋』では知的で口数の少ない男と、結構幅広い役を演じておられるんですよね. しかもこの俳優さんを注目したいと思わせた一番の要素は、主役で出演されていない作品でも彼の存在が抜けると違和感を感じるようになってしまうほどの独特の存在感があることなんです. 特に『恋空』なんて、主役の過去を描かずに物語を進めていくものだから薄っぺらくて、しかもヒロインがあまりにもいい加減すぎて映画としては最低なのに、小出恵介さんが登場しているくだりだけは不思議と見れてしまうんですよね. また『初恋』でもヒロインの宮崎あおいさんを引き立てることが巧いこと. そんなに表情を変えているわけでもないのに、沈黙を巧く利用して相手の心境を画面に映し出そうとするその演技力. ruwerteistod こりゃいつか化けるで! と思わせてくれる俳優さんのように思えて仕方ないのですよ. でもだからと言って映画を見終わったあと、すぐに彼の存在感が強くて忘れられないかと言われれば作品によっては決してそうではなくて、むしろどの映画でも思い出すたびに常に彼の印象が記憶の片隅に確実にいるような感じなんです. なでしこ沢、神戸に合流 15日の試合は欠場 つまり一般的にめちゃ目だっている訳ではないのですが、映画好きの心に確実に残り始めている、阪神タイガースの選手で言えば背番号12の中継ぎの要である渡辺亮投手みたいな感じなんですよね. ですから昨年は堺雅人さんという俳優さんが映画でも大河ドラマでも注目されましたが、個人的にはこの小出恵介さんに注目して一年映画を見ていきたいです. 深夜らじお@の映画館 は曲者俳優の青田刈りもしていきたいです.
posted by KoganezawaAkemi at 17:46| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。